睡眠障害の説明と分類

厚生労働省の調べでは、日本人の5人のうち1人が睡眠不足と感じています。

生活のリズムを崩しての睡眠不足や生活環境による睡眠不足、または、食生活の乱れからの睡眠不足などがあります。

今や睡眠障害は、生活習慣病のひとつとして考えてもよろしいのかもしれません。
以下では、Wikipediaより睡眠障害について引用しました。
ぜひ、参考にして下さい。



睡眠障害とは、入眠、睡眠に何らかの異常のある状態を指す。

1990年に発表された睡眠障害国際分類 (ICSD) では、睡眠障害を大きく4つに分類している。


■睡眠障害の分類
1.睡眠異常
睡眠自体が疾患であるものを指す。不眠症、ナルコレプシー、睡眠時無呼吸症候群、睡眠相後退症候群など。

2.睡眠時随伴症
睡眠中に見られる異常な行動。夜驚症、夜尿症など。

3.内科・精神科的睡眠障害
精神病や不安障害、うつ病などに伴う不眠や過眠。

4.その他
未だ分類が正確になされていない、短時間睡眠者や長時間睡眠者など。

【PR】クレジットカード
タグ:睡眠
posted by kotto at 09:29 | 睡眠障害とは...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。