不眠症とは...

不眠症とは、「寝つきが悪い」「夜中に何度も目が覚める」「熟睡できない」といった症状が多くなり、日常的にこのような症状がおきている状態をいいます。

最近の調査では、睡眠に悩んでいる方の数は増加しており、5人に1人が睡眠に関して悩んでおり、10人に1人が「不眠」で悩んでいるという調査報告があります。

現代において睡眠で悩んでいる方は、多いのですが、眠りの質は、個人個人違うため、他人と比べるのが難しい現状です。



不眠症とは平常時と比較して睡眠時間が短くなり、身体や精神に不調が現れる病気である。睡眠障害の一種である。

不眠症の症状は寝つきが悪い(入眠困難)、夜中に目が覚める(中途覚醒)、眠りが浅い(熟睡困難)、朝早く目が覚める(早朝覚醒)の4タイプにわけられる。

睡眠薬の服用や、睡眠環境の改善によって症状の軽減が期待できる。睡眠薬は、かつて用いられていたバルビツール酸系のものが、大量服用による自殺者が出るなどしてイメージが悪かったことから嫌がる人が多いが、現在主流のベンゾジアゼピン系は、より安全性が高く、依存性も少ない。近年は、さらに副作用の少ない非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬も出ている。


原因
内科的疾患によるもの
心疾患 - 狭心症、心不全など
呼吸器疾患 - 気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、睡眠時無呼吸症候群など
消化器疾患 - 逆流性食道炎、胃潰瘍など
内分泌代謝疾患 - 甲状腺機能亢進症、クッシング症候群など
脳神経障害 - 脳血管障害、パーキンソン病など
精神疾患によるもの - 躁うつ病、統合失調症、不安障害など
泌尿器疾患によるもの - 夜間頻尿をきたす疾患
痛みや痒みによる不眠 - 整形外科的疾患、掻痒性皮膚疾患など
薬剤の副作用によるもの、アルコール連用


治療
休日を含め、毎日同じ時間に起きること。起きたら太陽の光を浴びること。
夕方以降は激しい運動をしない(神経を高ぶらせる)。日中の適度な運動は不眠症に効果的。
睡眠薬は医者や薬剤師の指示を守り、勝手に中断しないこと(減量法、離脱法を守ること)。
無理に寝ようと意気込まない。
寝る前にカフェインをとらない。
ゲーム・テレビ・ネットなどは脳への刺激が強いので寝る1時間前にはしない。
暑ければ部屋をすずしくし頭を冷やす(首は冷えると頭が冴えるから逆効果)。
※鍼治療が有効、3−5回で効果あり、暫く続けるのが良い。 ※継続する不眠症に対しては睡眠薬により適切な治療を行うべきである。寝酒などによりその場しのぎでは,他の健康障害を誘発する危険がある。

一部、Wikipediaより引用
タグ:不眠症
posted by kotto at 09:44 | 睡眠異常の種類
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。