ナルコレプシーとは...

ナルコレプシーという睡眠障害があるそうです。
私は、この言葉自体 初めて聞きました。
簡単に言えば、所構わず”眠ってしまう...”という睡眠障害らしいです。
ナルコレプシーのことを知らないと つい怠けているとか さぼって眠っているなどと思われるかもしれません。

睡眠障害の一つ、ナルコレプシーについて勉強しましょう。



ナルコレプシーとは、
日中において場所や状況を選ばず起きる強い眠気の発作を主な症状とする精神疾患(睡眠障害)である。

笑う、怒るなどの感情変化が誘因となる情動脱力発作(カタプレキシー)を伴う人が多い。

入眠時もしくは起床時の金縛り・幻覚・幻聴の経験がある人も多い。夜間は頻回の中途覚醒や、幻覚や金縛りを体験するなど、むしろ不眠となる。1日の睡眠時間の合計は健常者とほとんど変わらない。

日本では「居眠り病」「過眠症」とも呼ばれているが、一般への知名度が低いうえ、専門医が非常に少ないため、罹患者に対する正しい診断・治療が受けられないことや、まわりの人間からの理解が得られにくいなど、罹患者には大きな負担がかかっているのが現状である。

また、治療を行っていない状態で、機械や自動車の運転中などに発作が起きると重大な事故の原因となりうるためこれらを使用できないなど、社会生活上の制限も大きいものの、適切な治療下にある場合、日常生活を送るのに支障をきたすことはない。

原因
ナルコレプシーの病因としてオレキシンという物質の欠乏が明らかになっている。オレキシンは視床下部から分泌される神経伝達物質で、1998年に桜井武(現・筑波大学大学院助教授)と柳沢正史(テキサス大学サウスウェスタン医学センター教授)らのグループによって発見された(Sakurai et al., Cell 1998)。オレキシン遺伝子を破壊したマウスにはナルコレプシー症状が現れることが明らかになっている(Chemelli et al.Cell,1999)。

また、ヒトのナルコレプシー患者においても視床下部のオレキシンを作る神経細胞が消滅していることが明らかにされている(Peyron et al. Nature Med, 2000)。

90%以上の患者で髄液中のオレキシンが検出されないことも報告されている。さらに、オレキシン神経細胞を破壊し人為的にナルコレプシーを引き起こしたマウス(Hara et al. Neuron 2001)に、オレキシン遺伝子を導入したり、脳内にオレキシンを投与することでナルコレプシー症状が改善されることも明らかにされた(Mieda et al. PNAS, 2004)。


症状
睡眠発作
日中、突然に耐え難い眠気に襲われるという発作。
情動脱力発作(カタプレキシー)
怒り、喜びなどの感情が昂ぶった際、突然に抗重力筋が脱力するという発作。

入眠時幻覚
睡眠発作により睡眠に陥った際、現実感の強い幻覚を見ることがある。

睡眠麻痺
いわゆる金縛りと呼ばれる症状。開眼し意識はあるものの随意筋を動かすことができない状態。
以上の4症状は4大症状と呼ばれる。

自動症
眠った感覚がないにもかかわらず、直前に行った行為の記憶がない状態。逆に言えば無意識に寝てしまい、寝ながら行為を続けている状態。


治療
塩酸メチルフェニデートやモダフィニルのような中枢神経刺激薬を使用することで眠気を抑制することができる。

また、抗うつ薬により情動脱力発作の頻度を低減させることが期待できる。Sodium Oxybate(GHB)も治療に使われることがある。

上述のオレキシンがナルコレプシーなどの睡眠障害に対する新規治療薬開発につながることが期待される。

一部、Wikipediaより引用

posted by kotto at 10:21 | 睡眠異常の種類
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。