夜尿症とは...

夜尿症...おねしょのことだと思います。
ほとんどの方がおねしょを体験していることでしょう。
下記にも書いてますが、おねしょを防止するために
夜中におこす行為は、睡眠障害を引き起こす原因となる場合があるそうです。

ここでは、夜尿症について 勉強しましょう。



夜尿症(やにょうしょう)とは、概ね5〜6歳を過ぎても継続的に夜尿(睡眠中に排尿してしまう現象、おねしょ)が認められる症状を指す。

加齢とともにその傾向は弱まり、5〜6歳児では約15パーセント、小学校低学年では約10パーセント、小学校高学年では約5パーセントに夜尿が認められる。12歳ごろにはほとんどが消失するが、成人しても夜尿が認められる場合もある。

 昔から行われてる条件付け理論といって中途覚醒、つまり夜中に起こして排尿させる事は、睡眠のリズムが狂い、睡眠依存性をもつ抗利尿ホルモンの分泌量が不安定に成ったり、睡眠リズムの破壊なども在る。

その為、これだと治療はなかなか定着し難い様である。男女にもよって変わるが自意で直すには女性(女子)の場合は生理用ショーツを着け、ポイズパッドで自分の意志で直していくしかないのである。

又、自分の意思とは関係無く夜尿をする為、本人には絶対に非は無い為、馬鹿にしたり咎めるのは禁忌(タブー)である。


一部、Wikipediaより引用
タグ:夜尿症
posted by kotto at 10:40 | 睡眠時随伴症
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。