うつ病による睡眠障害

うつ病も精神病のひとつであるため、不眠になる場合があります。
病院から貰った薬で やっと眠る方もいるそうです。
本人は、眠りたい気持ちがあるのに、体が言うことをきかない...
ここでは、うつ病について、勉強したいと思います。


うつ病とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安、焦燥、精神活動の低下、食欲低下や不眠などを特徴とする精神疾患である。

米国の操作的診断基準であるDSM-IV-TRなどでは大うつ病(major depression)と呼ばれている。生活にあまり支障を来さないような軽症例から、自殺企図など生命に関わるような症状を呈するものまで存在する。
うつ病を反復する症例では、20年間の経過観察で自殺率が10%程度にも上ると言われる。

症状
うつ病の症状を理解するには、DSM−Wの診断基準は2つの主要症状が基本となる。すなわち@抑うつ気分、A興味・喜びの喪失である。@抑うつ気分とは、気分の落ち込みや、何をしても晴れない嫌な気分や、空虚感、悲しさなどである。

A興味・喜びの喪失とは、元来楽しめていたことにも楽しみを見いだせず、感情が麻痺した状態である。この2つの主要症状のいずれかが、うつ病を診断するために必須の症状である。

これら主要症状に加えて、@抑うつ気分に類縁の症状として、「自分には何の価値もないと感じる無価値感」、「自殺念慮・希死念慮」などがある。
これらのグループの症状をまとめると「気分が落ち込んで、嫌な毎日であり、自分には存在している価値などなく、死にたいと思う」という訴えとなる。

A興味・喜びの喪失に類縁の症状として、「気力の低下と易疲労性」、「集中力・思考力・決断力の低下」がある。
このグループの症状をまとめると「何をしても面白くなく、物事にとりかかる気力がなくなって、何もしていないのに疲れてしまい、考えもまとまらず、ちょっとしたことも決められない」という訴えとなる。

さらにこれらの精神症状に加えて、B身体的症状として「食欲・体重、睡眠、身体的活動性」の3つの領域で、顕著な減少または増加が生じる。
訴えとしては「食欲がなくて、体重も減って、眠れなくて、いらいらしてじっとしていれない」もしくは、「変に食欲が出て、食べ過ぎになって、いつも眠たく、寝てばかりいて、体が動けない」というものである。


経過
「うつ病は心のかぜ」などとも言われることがあり、一部にうつ病は簡単に治るという理解が広まっている。

かつては、電気けいれん療法しか効果の証明された治療法が無かった、その後、抗うつ薬などの登場で薬物療法が発達した。過去に比べれば、うつ病に対する治療法は確立されてきている。

うつ病では、6ヶ月程度の治療で回復する症例が、60ないし70%程度であるとされ、多くの症例が、比較的短い治療期間で回復する。

しかし、一方では25%程度の症例では、1年以上うつ状態が続くとも言われ、必ずしもすべての症例で、簡単に治療が成功するわけではない。
また、一旦回復した後にも、再発しない症例がある一方、うつ病を繰り返す症例もある。このように、様々な経過をとる可能性があることは認識しておく必要がある。


一部、Wikipediaより引用


タグ:うつ病
posted by kotto at 11:04 | 内科・精神科的睡眠障害

精神病による睡眠障害

精神病を患うと睡眠障害に陥る場合があります。
常に いろいろな不安を感じ その不安のため不眠になってしまい、睡眠障害を陥ってしまう...
ここでは、精神病について 勉強してみましょう。


精神病と原因
精神病の原因には、内因・外因・心因がある。これらが複数重なって精神病が発症することもある。この3つに環境因も加えることがある。


心因を主とする精神病
心因性精神病は、ストレスなどの心的要因によって起こった、精神の強い反応である。
反応精神病では、人格の解体・現実検討能力の著しい障害が見られる。ICD-10では、症状に応じて急性一過性精神病性障害 (F23) や感応性妄想性障害 (F24) などに含める。
一ヶ月以内に症状が治まる場合、DSM-IV-TRでは短期精神病性障害に含めることになる。


内因を主とする精神病
内因性精神病は、原因が脳自体にあると思われるが、いまだに原因が明確には解明されていない精神病である。
たとえば内因性精神病の代表である統合失調症は、先天的な脆弱性のあるところに環境的な要因が加わって発症するとされている。

内因性精神病と心因性精神病は、ICD-10では「統合失調症、統合失調症様障害と妄想性障害 (F20-F29)」に、DSM-IV-TRでは「統合失調症および他の精神病性障害」にそれぞれ含まれ、症状に応じて細分類がなされる。


外因性精神病
外因性精神病は、原因が非心因性に認められる精神病である。日本では従来、外因性精神病は器質精神病(広義)と呼ばれ、次の4分類がなされてきた。

器質精神病(狭義)
中枢神経細胞自体の障害による。
器質精神病(狭義)・症状精神病は、ICD-10ではF00〜F09に、DSM-IV-TRでは「〜による精神病性障害 (293.xx)」にそれぞれ該当する。

器質精神病(狭義)には、次のような原因がある。
中枢神経の変性
アルツハイマー病、パーキンソン病、ハンチントン舞踏病など。
脳血管障害
脳梗塞、脳出血など。
頭部外傷
脳炎
進行麻痺(梅毒)、日本脳炎、クロイツフェルト・ヤコブ病など。
脱髄
多発性硬化症など。
脳腫瘍
水頭症
正常圧水頭症など。
症状精神病
感染などの脳以外の身体疾患によって現れる。

てんかん
今日では精神病に含めない。ICD-10・DSM-IV-TRのいずれにも、てんかんは独立した項目として存在しない。

中毒精神病
アルコール・覚せい剤・大麻などの物質に誘発される。
中毒精神病は、ICD-10では「精神作用物質使用による精神及び行動の障害 (F10-F19)・精神病性障害」に、DSM-IV-TRでは「物質関連障害・物質誘発性精神病性障害」にそれぞれ該当する。

アルコール精神病
アルコールが直接原因ではなく、ニコチン酸・チアミンの不足によって起こる。

覚せい剤精神病
幻覚・妄想を中心症状とした、統合失調症に似た精神病。断薬時に重篤な離脱症状は起こらないが、初回よりもはるかに少量・短期間の再摂取で、精神病症状が再燃する(逆耐性現象)。

大麻精神病
大麻乱用後に起こることがある急性の精神病。

一部、Wikipediaより引用
タグ:精神病
posted by kotto at 10:53 | 内科・精神科的睡眠障害

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。